TOPページ > 症状・事例特集 > ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰とは?

筋・筋膜性腰痛
椎間板ヘルニア
腰椎椎間板関節捻挫
など

別名
「急性腰痛症」とも呼ばれます。

なぜぎっくり腰になるの?

原因は様々ですが、

  • 骨盤の歪み
  • 筋肉の硬さ
  • 筋肉疲労
  • 運動不足
  • 栄養不足
  • 体重が重い
  • ストレス

などの腰部の支える機能が低下した状態で

  • 中腰から荷物を持ち上げる
  • 長く座っていた状態から立ち上がる
  • 洗顔や歯磨きなどで前かがみになる
  • くしゃみをする
  • 子供抱き上げる

などの
ちょっとした刺激で腰部を支える
筋肉、関節、椎間板などを痛めてしまうのです。

夏にもぎっくり腰?

ぎっくり腰は、冬だけに起きるものではありません!
油断していると『グキッ!!!』なんてこともあります!

<夏にぎっくり腰になりやすい身体の状態>

・冷房による冷え

冷房の効いた部屋に長時間いると、
全身の筋肉が冷え、血液循環が悪くなります。

・食事による内臓の冷え

冷たい飲み物、夏野菜などは
内臓を冷やし、血液循環を悪くします。

・水分不足

人の身体の筋肉は75%が水分です。
筋肉には水分を貯めておく役割があります。
水分が足りていないと筋肉が上手く動かなくなり、硬くなります。

身体が冷えるとぎっくり腰になりやすくなるので、要注意です!

ぎっくり腰の対処法

  • 正しい姿勢
  • 疲れを溜めない
  • 適度な運動
  • 体を冷やさない

など
日頃から気をつけていただくことが大切です。

そして当院での

  • 骨盤の矯正
  • マッサージやストレッチで血液循環UP!

1度ぎっくり腰になると、くせになる場合もあります。 定期的に体のメンテナンスが必ず必要です!!!

ぜひ、共立総合整骨院へ

その他

ふじてんスノーリゾート 治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin