TOPページ > 鍼灸(整形外科疾患、内科的疾患、婦人科疾患、アレルギー疾患、ギックリ腰)

鍼灸(整形外科疾患、内科的疾患、婦人科疾患、アレルギー疾患、ギックリ腰)

ACUPUNCTURE
東洋と西洋の
垣根を超えた鍼灸
鍼灸治療風景

鍼をすることにより血行を良くして、マッサージでは届かない深部のコリや炎症をダイレクトに和らげます。また、鍼の刺激が脳に伝わり、痛みを鎮める指示がでます。その結果自律神経が調節され、体のバランスが良くします。
腰痛・肩こり・五十肩。ギックリ腰のような急性期の痛みが強い場合には、特に効果バツグンです。
また、捻挫や肉離れなどの外傷の後療にも、鍼は適しています。関節やそのまわりの炎症を抑える効果もあります。

お灸をすることにより、その温熱効果にて体内が温められ、体力増強・体質改善になり、虚弱体質・慢性疾患に効果があります。また、ツボの刺激により体内の気と血のめぐりをよくして、冷え性・肩こり・腰痛など様々な効果が期待されます。
気持ちよく暖めることを目的に「温灸」を主に使用しております。お灸の「痕」がついたり、熱いお灸を我慢したり、というようなことはございませんので、安心して治療を受けていただけます。

※鍼灸の施術を受ける時の注意※

  1. 鍼は痛くありません。最初にチクッとする程度です。もし施術中に我慢できない場合には直ちに中止しますが、当院が自信をもってお薦めできる施術法なのでご心配は無用です。
  2. 治療前後は飲酒、入浴、運動を避けてゆっくりと休養してください。
  3. 治療後に体身体がだるくなったり、微熱が出たりすることもありますが、1~2時間ほど安静にしていれば落ち着くようになります。これは施術効果として血行が改善されたためです。
  4. 通院期間や回数は年齢・体質・症状・程度・養生などによって決まります。

共立総合整骨院は、このような方にお勧めです。

首、肩、背中、腰、膝、手足の痛み、肩こり、ムチウチ、寝違え、五十肩、腰痛、椎間板ヘルニア、ギックリ腰、骨折、 捻挫、脱臼、肉離れ後のリハビリ・ケア、股関節痛、変形性股関節症、変形性膝関節症、顎関節症、腱鞘炎、テニス肘、 オスグット病、成長痛、頭痛、めまい、生理痛、メニエール病、顔面神経麻痺、更年期障害、自律神経失調症、 膠原病、リウマチ

その他

ふじてんスノーリゾート 治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin